「変わってるね」は褒め言葉

一部上場の大企業を辞めて起業したCEOの戯言

サービスクオリティを求め過ぎる代償で自ら首を絞めてないか

f:id:michipdale:20160921014926j:plain

海外旅行や出張から戻ってくると驚くのは日本のサービスのきめ細やかさや質の高さである。もちろんダメなところもあるけれど平均として他国と比べて高いと思う。

公共交通は時刻表通りで、1分でも遅れようならアナウンスが流れる。バスもいまどこ走ってるか分かる。新幹線なんてよく衝突しないなーってぐらいの間隔で走っている。

ネット通販でポチッと押すと翌日、早ければ即日に配達される。

ヨドバシカメラの通販なんて分単位で到着予想時間が通知されるほどでホント驚く。

街の店舗が時間より前に閉まる事はないし、台風だろうが大雪だろうが基本空いている。コンビニはあちこちにあって24時間営業で、店内は明るく(割と)清潔だ。

遅い遅いとっても引越し後の電気やガス工事なんて一日で終わる。一週間待ってくれ、なんてのはない。

お得意の担当さんが2週間とか1ヶ月休みなんてことはないし、あっても事前にあれこれトラブルないように引き継ぎされている。

もうこういうサービスクオリティに慣れてしまってきているが、これらはそこで働いている人などの努力にほかならない。

というと格好良く聞こえるが、中の人はたまったもんじゃないところもあるだろう。またはいわゆる社畜の人たちがもがいているおかげともいえる。

一昔前だったらここまで無くても、多少不自由ではあったけど、命にかかわる問題でもないし、そういうもんだ、と思っていた。 しかし、いまは、ちょっと問題があると、クソだの中の人はサボるな、とかいわれる。

利便性や正確さを求めていくのは自然な流れではあるけれど、それに伴い自分たちの首を絞めているようでならない。

Noといえない日本人の気質としてはこれは危険な感じがする(素人考えかもしれないが)。加えてIT(ICT, IoT)化によってもこれは更に加速していく。

もうすこし国全体が、住んでいる人が、心に余裕があればいいな、と思う。自分への戒めもこめて。

夜中にお腹が空いた時にコンビニで好きなモノを買って食べられる幸せはある。クオリティを上げることを否定するわけではないし、感謝なのだが、本当にこれでいいのかって思う。

そして、これはいわゆる「おもてなし」ではないんだろうな、と。

ポケモンGo は歩きスマフォの危険性をどうするのか!?

f:id:michipdale:20160713220250j:plain

いよいよ日本でもポケモンGoがサービス開始になる。 www.pokemon.co.jp

現実世界にポケモンが現われるのでそれをモンスターボールでゲットだぜ!するサービスだ。

といっても実際に現実世界にポケモンは居ないのでスマフォのカメラを通した現実世界に仮想世界を重ねるAR技術を使っている。

f:id:michipdale:20160713221001j:plain

見慣れた近所の公園にピカチュウとか居たら...と考えると好きな人はワクテカだろう。自分もちょっと楽しみにしている一人だ。

しかし、ちょっと待ったー!

すでに先行でサービスが始まっている欧米では、歩きスマフォによる危険性を問われ始めているのだ。

どこにいるかなー、ってアプリをONにしたまま地図を頼りにスマフォを覗きながら歩くのだからそりゃ危険だ。

リアルの地図を使ったサービスとしてIngressがあるが、あれも一時期歩きスマフォ問題があった。

新しい体験をすぐ規制だなんだでむしり取るのは宜しくないことだと思うが、今の日本においては即効規制したほうが良い気がしている。

LINE, メールなどのSNSや動画閲覧といったことだけでも、ながらスマフォしてしまう人が多い日本。

そしてそれによって人同士がぶつかったり、線路に落ちたり、事故おこしたり。

もちろん自制出来る人が大半だと思いたいが、スマフォのカメラシャッター音のように強制的に規制しないと、「自分は大丈夫」っておもってしまう人が多いように思える。特に日本人は自己危機管理意識が弱い人種だから尚更そう思う。他国では道路に出たら車の方が優先でぼっと車道をふらふらしていたバンバン轢かれてしまう。そういう危険性があることを小さい頃から教育され、そして、身についている。

そんな欧米諸国ですら、「Pokemon Goは危険!」って警告をならすのだから日本だとどうなるやら...

事故などトラブルを単独で起こすならともかく、この手のは他人に迷惑がかかる。

自分は車を良く運転するが、日本だとどんなに避けられないような状況で人が飛び出してもドライバーに過失がくるおかしな法律である。うっかり道路際に「ナゾノクサ発見!!やったー」なんて飛び出して来る子供とかいたらどうするの、と思ってしまう。

改めて言うと Ingress にしろ Pokemon Go にしろどちらも個人的には凄く面白いアイデアだと思うし新しい体験ができるエンターテインメントだと思う。ただ、いまの現代社会でいうと、新しい体験に自制心が勝ってしまう人が多いんだろうなという不安がかなり強い。

クローズドなところでやればいいのに、と思うのだが、それだと楽しさ半減、っていうのも分かる。なかなか難しいところだ。

結果、悲しいかな、ドローン同様に規制せざるを得ないのかなとも感じる。

なお、ポケモンGoではスマフォをつかわなくともボタンを押すだけで捕まえる事ができる特別なガジェットも売るそうだ。しかし、皆がこれを買うとも思えないし、ARの面白さを見せてしまったらこれには戻れないだろうな、というのが正直なところだ。

f:id:michipdale:20160713222626p:plain

「人間、一度楽しい事や楽なことを覚えてしまうと、そう簡単に元には戻れない」

ANA株主優待割引のスクラッチを消しすぎた場合は

ANA株主優待割引番号ご案内書のスクラッチ部分、あの銀色の部分だが、意外に繊細な気がする。 1円玉とかだと削り難く、500円とか角がかなり固い奴だと今度は削りすぎてしまう。 そして、先日、あぁやってしまった。強く削るなといっても弱いと全然削れないから、ごしごしやったら、

あぁ〜数文字削りすぎて見えねぇ〜(´・ω・`)

株主優待登録できないとせっかくの割引料金にならない、やべぇ...

多分、同じような人がいるかと思うので先に結論を書くと全く焦る事はありません。 QRコードの方が残っていれば大丈夫!b(゚Д゚)

解決策

  1. ANA HPで予約やチケット購入しようとしている人はそのまま株主優待で購入
  2. 株主優待番号/パスワード登録はHP上ではできないので放置 (株主優待番号未登録となりますが当日までにやればOK)
  3. そのまま空港のANAカウンターに行って株主優待番号ご案内書を見せて事情を伝えればそのまま登録してくれて終了!自動チェックイン機でもQRコードで登録可能なようです。

困ったちゃんなのは、こちらの公式サイト

www.ana.co.jp

などをみてもパスワードが消えてしまった時の対応方法がどこにもかいてないこと。正直、パスワード消えたら、焦るよね...普通の人は。なんでかいてないのかなぁ。FAQにもないみたいだし。ANAさん、ぜひ、ネット上にも解決さく書いておいてください。

日本のITエンジニアは何をすべきか?

f:id:michipdale:20160414012843j:plain 前職の大手電機メーカーでソフトウェア開発を10年ぐらい前までは中国に依頼していた。オフショアっていうやつだ。

そして中国の単価が上がってくるに従い、より安いところ、例えば台湾、インドへと依頼先が変っていった。最近、IT業界だとシンガポール、マレーシア、タイあたりも急成長してきているらしい。

いまや中国の奥地でもアフリカでも携帯/スマフォでインターネットに繋がる時代。昔とちがって英語の勉強も数学の勉強も、もちろん、プログラムだってネットの先にサンプルもあれば先生もいる。

アジアのまさに今発展しようとしている地域の子供は、親を養うために、と、どん欲になって勉強する。かつては教科書もなければパソコンなんてものはなかったから大学に入るまで教育レベルは低く学ぼうとしても学べなかったのに対して、いまは本当に良い時代だ。彼等はいつでもどこでも学んで吸収していく。

かつてのように日本の大学生や若いエンジニアは世界的にみて大きなアドバンテージはなくなっている、と思うのだ。

もう要件のきまったモジュールを開発するとかそういうのはどの国でもできる。要件決めや上流設計すらオフショア先でできてしまうぐらい人がそだってきている。

インドやマレーシア現地で人気の会社は、中国>韓国>日本の順らしい。かつては日本の企業で働きたい!と名指しだったのが今ではまったく人気がないそうだ。

理由は簡単。

中国や韓国の企業は、欲しいスキルをもっている人材を大金払って雇う。でも教育している時間がないからほぼ現地で全部マネージメントしてやらせてしまう。かなり無茶ぶりだが責任も大きいがやりがいがある。そしてパフォーマンスがあがらないとすぱっと切る。分かりやすいロジックだ。

一方、日本企業は、あくまでもマネージメントやコントロールは日本人がやる。やりたがる。だから日本人の駐在員があれこれ一から日本流のやりかたを教育する。しかし文化の違いや考え方の違いでなかなか思うようにいかないこともある。特にオフショア先のエンジニアにはMITだのスタンフォードレベルの大学を出てきてる人もいて「なんでこんなしょーもないことやらせるの?」みたいになるらしい。 結果、やったら時間かけて一から教育させられて日本の型にいれようとするが給料は中国企業の3〜5分の1なんだから辞めていく。おいしいところは日本人がやるのだから当然といえば当然の結果。

自分の経験だとまだまだインドやマレーシアのトップソフトウェアベンダでもまだまだだなぁと思う事はおおかった。ソフトの品質管理とかテストの仕方とか上流設計の組み方とか。ただ、これももうちょっとすると追いついてくるだろう。

下手すると日本人よりも早く良いものを創ってしまうかもしれない。

さてそんなときに日本人エンジニアは何をすべきなのか?

クリエイティビティな部分?

よくそういう話をするけど本当にそれが日本人としての差別化できるところなのか?

答えは自分の中でもまだ出ていない。

なんとなく鍵としてありそうなのは、日本に居る事のアドバンテージを生かすことなんじゃないだろうか。

いくらSkypeでいつでもリアルタイムで対話ができても、アーカイブから論文なりプログラムをひきだして読む事ができても、YoutubeGoogle Earth で仮想的な体験ができても、リアルに勝る部分っていうのはあるはず。

以前、インドの会社に海のCGをコンテンツで作らせたのだがどうにもこうにもエンジニアと話が通じ合えない。そりゃそうだ、後から聞いたら、彼等は本物の海をみたことが1人もいなかったのだ(内陸部の会社だったので)。

これは極端な事例だが、リアル体験に勝るものなし、ということを実感した思い出なんだが、そのあたり何かヒントにならないか、と思っている...

いや、もう "日本人" という枠で考えるのではなく、世界のITエンジニアとして何を武器に差別化していくか、を若い頃からかんがえておかないといけないのかもしれない...

お題から「某有名大出身の期待の新人が!」

今週のお題「印象に残っている新人」

たまにはお題をやってみる。

某一部上場メーカーの本社に勤務していた頃の話。

自分は部内の新人の研修講師を一部担当させられていて、ある新人からレポートが提出されないから彼のフロアまで直接伝えにいったときだった。

f:id:michipdale:20160406210255j:plain

普通に机で寝ていた!いびきをかきながら。

昼休みでもなければ休み時間でもない。まだ入社数日。まだ試用期間であり裁量労働制でもない。

一応、ポンポンと肩を叩いて起こし「寝てちゃだめでしょう」と優しくいうと、彼は大きな声でこう言った。

「僕はですねー、

 眠いと全くパフォーマンスでないですよ!

 眠い時は寝たほうがいいんです!!

 起こさないでください!!

その後も彼は業務中にしばしば寝てたよう。

さすが日本企業、首を切るなんてしないし、その後も彼は在籍していたらしい。

超有名大学の博士課程でてもこれか、と先輩らと愚痴ってたのは良い思い出。

起業:経理財務は自分でやるべきか税理士におねがいすべきか論

法人なり個人事業主の道を選んだ以上避けて通れないのが税金等の財務経理関連をどうするか、である。

必要経費の科目や金額増加や所得控除など優遇になる青色申告をするため、色々ソフトを導入したり本をかったりして提出期限前に時間をとってがんばる方もいるはず。そのほうが世の中の税制度や仕組みが勉強になってよいから一度はやっておくべき、という人もいる。そう書いてる本もある。

果たしてそうなのか?

ここで、自分で全部やる方法以外について2つあるので軽く紹介する。

税理士事務所

これはいわゆる税理士にお願いする方法。 これは顧問料なりを払って月次決算、申告書作成、決算書制作などをアウトソーシングする。金額によって相談料込みの場合もあればオプションのところも。当然自分でやるわけではないので、月何万円と費用は発生するが、面倒な経費処理等はすべてやってくれるので、経営者の負担はミニマムになるメリットも。

ネット税理サービス

最近流行なのはこの中間的なサービスでネット決済系。

レシート等はスマフォのカメラで撮影してアップロードすると半自動で帳簿に登録される。決算などで困った時は一応税理士の無料相談の範囲でおこなってくれるものもあれば、多少高くなるが決算書までは作ってくれるところ、と様々。

半分は自分でやって、半分はクラウドとその裏にいる税理士がやってくれるサービスで、先の税理士事務所と顧問契約結ぶよりも低価格なのが売りである。

また最近は、士業を束ねているサービスもあり、税理士だけでなく社労士や行政書士サービスも同時にもっているサービスもあり、色々会社経営で必要な機能を一ヶ所にまとめられる利便性もある。

どれがいいのか?

正直、経営者の方針なり事業形態なんかでかわるので時間があるなら、自分でやってみて、ネットにやって、事業拡大してきたら税理士事務所にお願いする、というステップアップでもいいだろう。

ただし、自分の場合は、最初から税理士事務所に顧問契約した。それは、弊社の役員にもなっている経営コンサルタントの先生からこんなアドバイスをもらったからだ。

  • 重要な時期に事務処理やる時間があるなら経営, クライアントの仕事, 自社開発をもっと密にやる時間にあてるべき
  • (経理税務処理にあてる時間) × (自分の単価工数) < 顧問料、なら自分でやってみたら? そんな安くないでしょう?
  • 日々更新される控除関連の条例などを追っかける時間があるか
  • 経理財務の勉強は経営者として知るべきところを税理士からきけばよい

今思えばまさにこれらは的を射ている。

起業後の会社や脱サラ直後っていうのは実は色々と優遇される制度もあるがかなりマイナーで条件も複雑である。まじめに払っていると、あっというまに資金がなくなりかねないのだが、弊社の担当税理士はこのあたりをしっかりサポートしてくれた。また、税務署からあれこれアンケートなり調査が入ることが多い。こういう対応も全部お願いできた。もちろん、あとでこれは何の目的で、どういうことか、素人でもわかるように説明もしてもらえるので、まったくスルーってわけではない。

加えて、青色申告の期限近い2月3月は会社にとっても年度末で、契約の占めや納期が被る事が多い。実際2年連続この時期は忙しかった。こんなときに税務処理を自分でやっていたら、と思うとぞっとする。

また税理士事務所には社労士や行政書士もいたり連携しているところもおおいため、そちらに必要があればちゃんとフォロー紹介してもらえる。

もちろん、申告を自分でやってて慣れればそんなに大変じゃない、という人はそのままどうぞ。ムリしてお金払う事はない。

では、ネット系はどうだろう? 個人的には安かろう...って感じがする。悪くはないが、細かいところや相談案件に対しての対応がまだ弱い気がしている。個人事業主ならネット系もよいだろうが、法人化の場合は、色々優遇される点と厳しくなる点が増えるし、社員を雇用しはじめると経費関連の金額や種類も増えるため、顧問でお願いしたほうが結果的に楽で得する気がしている。

まとめ

世の中、金ではある。現金がないと会社は倒産する。

しかし、1円安いガソリンスタンドに5km走って並んで給油する、みたいなことにならないようにしないといけないだろう。

弊社の場合は、高いが顧問料を払ってお願いし、その分、あまった時間は業務に専念することにしたが今のところ正解だったと思っている。日々の経理はレシートを保管しておくぐらい。むしろ月次のまとめのレポートを読んで今後の事業計画をどうすべきか、など皮算用に時間を使う。

税理士事務所にお願いする場合の注意点としては、どこにするかしっかり見極めて欲しい。たんに経費削減するだけ、つまり、事業拡大を抑制しようとする税理士も多いのだから。良い税理士を探しながら、ネットや自分でやってみる、というのも良いかもしれない。

アメリカのガソリンスタンドではクレジットカードはほぼ使えません

f:id:michipdale:20160318122554j:plain

アメリカでレンタカー借りてガソリンスタンド(米国では Gas station と言いますが)で給油するときに日本のクレジットカードは使えないので要注意。

たとえ、カードがVISA/Master だろうが AMEXだろうが、それがゴールドだろうがブラックだろうがダメ。$20ぐらいの現金をもっておこう。なぜか...

セキュリティ強化のためクレジットカードをいれると、ZIPコード(郵便番号)を入力することがほぼ必須だから。日本の郵便番号をいれてもだめ。おそらく日本のZIPコードがデータベースなりカードに登録されていないはず。

もちろんホテルとかレンタカー会社とかのZIPいれてもダメ。無駄なあがきですよ...(´・ω・`)

詳細、こちらにも記載あり。

lostintheworld.blog.jp

日本もZIPコード認証に対応してほしい。夜とかわざわざ店内はいってポンプあけてもらって、そして、またお釣りもらいにいくの結構面倒だし怖いときもあるから。